月別アーカイブ: 2014年9月

【044】独立して営業時に気を付けたいこと

【041】独立後の営業活動で意識したいこと にも関係することことかもしれないが、営業時には気を付けたいことがある。

これも、独立して営業をして、経験してみればわかると思うが、事前に知っておいて精神的ダメージを抑える、もしくは、予防を行うことは、モチベーション維持の観点から有益ではないだろうか。

よろしければ、お読み頂きたい。

こうだ。
続きを読む

【043】廃業リスク最小の独立方法

独立は、ハイリスクである。

また、クライアントゼロからの自分の独立も、振り返ると、結構、ハイリスクで、今、クライアントが増え続けているのは、運がよかったな、と強く思う。

会計事務所の独立に限らず、事業が終わるのは、資金がなくなり、資金調達ができなくなったときである。

会計事務所の経営の場合において、廃業リスクを最小にする独立方法を、なかいの経験を踏まえて、私見を述べたい。

こうだ。
続きを読む

【042】労働時間に関する感じ方

独立すると、事業者であり、経営者であり、クライアントからの依頼がある以上、信頼を裏切らないためには、期限ごとにしっかりと仕事を完了させることが重要である。

つまり、従業員がしっかり仕事をやってくれればいいが、最後は、自分で責任をもって仕事を完了させることが必要となる。

そのため、時に、独立後は、労働時間は長時間化する時期もある。

ただ、この点は、監査法人の監査の場合も同じだろう。

最近でも、監査法人の人手不足によって、土日も頑張っている会計士は多いことだろう。

では、ある意味、時に、長時間労働が強いられる二つの仕事であるが、その労働時間に関する感じ方について、私見を述べたい。

こうだ。
続きを読む

【041】独立後の営業活動で意識したいこと

監査法人に入る前に、社会人経験があり、その時に営業経験がある方には、釈迦に説法であるが、そうではなく、営業経験がない会計士で、独立を検討している会計士にとっては、独立後の会計事務所の営業活動とは未知の世界で、手探り、不安も多いのではないだろうか。

それは、なかいも独立前には、そのように思っていたため、よくわかる。

そこで、独立後の営業活動で意識したいこと、について、私見を述べたい。

参考になればと思う。

こうだ。
続きを読む

【040】記帳代行をするかどうか

昔ながらの会計事務所の主たる業務であり、クライアントから期待される仕事の一つとして、記帳代行、という仕事がある。

これは、記帳、すなわち、会計帳簿の作成を、会計事務所が代行する、という意味である。

そんな記帳代行であるが、監査法人にいると、経験することはほとんどないと思うが、 【008】会計事務所の実態 ~業務内容編~  において、書いている通り、記帳代行は、会計ソフトへの入力作業であり、事務処理であり、単調でつまらない仕事でもある。

そのため、プライドの高い?会計士の中には、自分が記帳代行という付加価値の低いことをやりたくない、と考えている会計士もいるかもしれないが、本当にそうだろうか?

なかいの私見はこうだ。
続きを読む

【038】独立直後に必要な考え方 その1

会計事務所の独立に限らず、クライアントの事業を見てても、上手くいっているクライアントは、結構、当たり前のことを当たり前にやっていることに気がつく。

つまり、事業は当たり前のことを、ちゃんと当たり前としてやることが重要と思うが、会計事務所の独立直後に必要な考え方について、私見を述べたい。

その1は、こうだ。
続きを読む

【036】独立してテンションが下がるときとその対処法 その1

独立してある程度、稼げるようになると、独立してよかったな、と思える時の方が多い。

しかし、監査法人にいても、どこで働いていても同じだとは思うが、時に、テンションが下がる時がある。

特に、独立特有のテンションが下がるとき。

おそらく、実際に独立して遭遇してみないと実感はないと思うが、独立するとそういうこともあるんだな、と事前に理解しておいて頂ければ、これか、誰にでもあるから仕方がない、と切り替えて頂くきっかけになればと思う。

また、独立に躊躇している方は、独立の負の部分も理解頂ければ、その判断材料になるのではないだろうか。

その1は、これだ。
続きを読む