月別アーカイブ: 2016年8月

note132 業種別税務留意点 建設業編

 

note132 業種別税務留意点 建設業編

個人事業でも、法人でも、どの業種も基本的には同じ税法を適用することから基本的には業種によって税務自体が変わることはない。

もちろん、業種上、頻繁に該当することとなる条文というものは、多少、それぞれの業種において偏りが生じることはあるだろう。

 

今回は、建設業編として書きたいと思う。

通常、業種別税務留意点というと、この業種のこのような取引においては、こんな論点があるから、注意しましょう、というのが一般的だと思う。

しかし、今回の建設業編は、もちろん税務上の処理にも関係するが、業種特有の取引に関して、なかいが聞いたものをご紹介したい。

  続きを読む

note131 融資に強くなるために

 

note131 融資に強くなるために

税理士市場もどんどん競争が激化されることは予想されており、今でも既に結構競争がある。

競争時代の中で生き残るには、強みが必要であり、これから独立する皆さんにも強みをもってほしいと思うし、そのための準備を監査法人時代にしてほしいと思う。

続きを読む

note130 独立するならしっておいたほうがいい個人の節税対策

 

note130 独立するならしっておいたほうがいい個人の節税対策

監査をやっているだけでは法人の節税対策についてもわからない人も多いかもしれないが、個人、つまり、所得税、住民税の節税についてはもっとわからない人も多いかもしれない。

税理士業界も競争激化によってクライアントも合法的な節税対策を望む方も存在し、税務で独立する以上、個人の節税はちょっとでは済まされないことはご理解頂けるだろう。

続きを読む

note129 HPの作成費用について

 

note129 HPの作成費用について

インターネットが盛んな現代において、皆さんも色々と検索されて、情報収集されたり、ネットショッピングをされると思う。

当然のように、我々、会計事務所、税理士事務所も選択に際して、HPを検索して依頼されるケースも増加していると思う。

続きを読む

note128 理想のクライアントの経営状態

note128 理想のクライアントの経営状態

クライアントの経営状態は様々。

クライアントが増えれば増えるほど、色々な経営状態のクライアントさんが出てくる。

一概に、区別もできないし、どのように区別するべきかも難しい判断だが、単純な区別としては、良、可、不良、の三区分にしよう。

続きを読む

note127 監査法人時代の副業の仕方の経済的副作用

 

note127 監査法人時代の副業の仕方の経済的副作用

前回note126では、監査法人在籍中での税務上ばれない副業の仕方を紹介した。

既に何にもの方にご購入頂いたが、実はこのスキームは副業によるプラスの周流を監査法人に隠せるということがメインの目的になり、その記事の中でも、会計士としてのスキルのメリット副作用もご紹介した。

そして、もっとよく考えてみるとさらに経済的副作用が生じることを思いついたので記事にしたい。

続きを読む

note126 監査法人時代の副業の仕方

 

note126 監査法人時代の副業の仕方

なかいも独立してもう長くなるけれど、監査法人を辞めて、独立を経てこれまでの経験が監査法人時代に仮にあったなら、もしくは、今からその経験をもって当時に戻れるならば、監査法人に入った時点から独立に向けて色々な準備をするだろう。

そして、その一環として、なかいは副業をすると思う。

ただ、私が知る限り、大手監査法人では副業は認められていないし、税理士登録も認められていないはず。

税理士登録に関しても、監査法人勤務のままでは難しいという噂も聞いたことがあって、税理士登録ができなければ、当然、税理士業もできない。

そもそも、仮に税理士登録できたとしても、個人事業である税理士業で利益を得れば、所得税の申告も必要だろうし、住民税も普通徴収にしれいれば、税務に明るい会計士からしてみては、こいつは何かをやっているなと怪しまれるから難しいだろう。

続きを読む

note125 会計士であればだれでもわかっている知識でコンサル業務ができる

 

note125 会計士であればだれでもわかっている知識でコンサル業務ができる

なかいは独立前は、コンサルティングといえば非常に難しいことを提供しなければ、それに対する対価を得られないものだと、勝手にイメージをしていた。

しかし、独立してみて分かったことは、そのイメージは必ずしもそうではないということだ。

お金があって、困っている人においては、我々、会計士であれば当たり前の知識を少し活かすだけでも、それなりの対価でコンサル業務が成立することが経験上、実証されている。

続きを読む

note123 申告早期化のポイント 個人事業

 

note123 申告早期化のポイント 個人事業

どんな仕事でもスピードは重要。

監査もスピードが重要なように、会計税務においてもスピードは重要。

特に、独立して経営者になるということは、スピード=利益 へと直接結びつくことを実感するだろう。

なぜなら、会計税務も労働集約型の仕事であり、皆さんの生産性が売上、そしては、利益の限界に直結するからである。
続きを読む