カテゴリー別アーカイブ: おすすめ書籍

note128 理想のクライアントの経営状態

note128 理想のクライアントの経営状態

クライアントの経営状態は様々。

クライアントが増えれば増えるほど、色々な経営状態のクライアントさんが出てくる。

一概に、区別もできないし、どのように区別するべきかも難しい判断だが、単純な区別としては、良、可、不良、の三区分にしよう。

続きを読む

【165】監査法人でもんもんとしている人におすすめ本

ご承知の通り、なかいも、たまに監査のお手伝いをさせてもらっているし、当然、独立前は、監査法人に長年いたから、いま、在籍している人の気持ちもわかる。

得に、今は、形式的なドキュメンテーションに加え、それに耐えても、ずっと在籍させてもらえる保障もなければ、昇進できなければ、後輩にこされていく、という会計士としてのプライドの問題もあるだろう。

そんなもんもんとしている会計士に、発想の転換としてお勧めなのは、この本だ。
続きを読む

【163】税務支援業務にいくと

税理士登録すると、税務支援業務、という会のボランティア事業に駆り出されることがある。

相談者からは、報酬は頂かないが、相談員になった税理士は、当然、会から日当もうらんだけど。

それはさておき、税務支援ならではの楽しみ方を見つけた。

こうだ。
続きを読む

【155】そんなんで大手にいっても

先日、日経に、会計士人手不足の記事が出ていたけれど、東京は、本当に大変そうだ。

もちろん、地方も大変だと思うけど、東京の会計士知人に聞くと、なかいがいたころよりも、やることが多いのと、不毛と思われる手続きが多く、やる気をなくし、辞めていく会計士が多いため、悪循環のよう。

逆に、大手がそんな人手不足な状況で、どんどん採用活動をするものだから、中小や、一般事業会社勤務で、不満を持っている会計士、大手に憧れを抱く会計士が、大手への転職を検討しているようで、なかいのお世話になっている監査法人の会計士も、こっそりと実は、大手への転職を検討している、というような相談も受けたりする。

ただ、その気持ちはわかるけど、思うこともある。

こうだ。
続きを読む

【137】某忘年会に参加して

この時期、会計事務所に限らず、事業をやっている人ならだれもがこれで忙しくなる。

各種忘年会である。

一応、なかいも独立してある程度経過するので、いくつか何らかの会からゲストで参加をお願いされたりするわけで、試験的、かつ、営業目的で、参加してみるわけだが、すこし大きな会になると、既に、独立している会計士、税理士がいるわけで。

もちろん、独立会計士、税理士が全てそうであるとはいわないけど、たまたま、なかいが参加した忘年会での一緒になった税理士の振る舞いをご紹介したい。
続きを読む