カテゴリー別アーカイブ: 転職

note351 独立前に転職するなら

 

なかいは独立前には、税務経験を得るために、個人会計事務所に転職した。

目的実現のために、それはそれでよかった。

しかし、昨今、業界、時代の変化によって、今後のことを考えると、さらに別の業種に転職して経験を積めるものなら今から積みたいと思える業種が出てきた。

独立してからの時代の変化、さらには、独立して自分のクライアントの置かれた環境を深く理解できるようになったからこそ、今だからそう思えるのであって、当時の自分には、そのようなことは想定もできなかった。

続きを読む

note345 ぼろい商売

 

税務メインの会計事務所を開業して、いろいろなクライアントのビジネスを会計を通じて拝見させてもらえば、それぞれの商売の特徴が見えてくる。

簡単にいえば、大変か楽か、リスクは高いか低いか、そして、儲かるか儲からないか、だろうか。

これらは、なにもそれぞれが独立しているわけではなく、関連して、最終的には、結果、儲かる儲からない、という話になるだろう。

しかし、最近、改めて、割と楽で、リスクも高くなく、その割に、そこそこの収益性だと思う商売を再確認した。

業種としても、本業でやるのもいいが、我々、税理士が副業として行うもの非常にいいのではないかと考えている。

続きを読む

note228 会計事務所へ転職するべきかどうか

 

note228 会計事務所へ転職するべきかどうか

ご存知のようになかいは独立前に税務の経験をする目的で会計事務所へ一旦転職した。

会計事務所への転職には賛否両論があると思うが、なかいもケースバイケースだと思っている。

 

何事もメリットもデメリットもあり、表裏一体。

人の特徴によっても違うだろう。

  続きを読む

note179 会計事務所に転職するなら

 

note179 会計事務所に転職するなら

税務での独立を前提に、やはり実務が不安だから監査法人から税務の会計事務所に転職をして、1年~3年くらい経験をしたいと思う会計士もいると思う。

なかいも全く同感で運よくそのようにさせてもらった人の一人であり、当時のボスには感謝している。

続きを読む

note164 地方事務所の承継の危うさ

 

note164 地方事務所の承継の危うさ

先日、東京で勤務している知人税理士がなかいにこんなことをいってきた。

「俺もそろそろ帰省して事務所を持ちたいけれど、家族もいるし、知人もいないし、ゼロからやる勇気もないし、地元のそこそこの規模の事務所に面接にいってきて、そこそこの待遇で、将来的には承継することも含めOKもらったよ」と。

彼は、なんだか安心したと同時に、半ばタダで、将来的に中堅の事務所をもらえそうなことに期待を頂いていたようだったが、なかいには、全くその良さがわからなかった。

なぜなら、なかいもこれまで何度か事務所承継の話をもらったけれど、全て断った経験があって、本当にいい承継案件なんて、ほとんどないと思っているくらいだからだ。

  続きを読む

note096 大手監査法人を辞めたときの感想

 

note096 大手監査法人を辞めたときの感想

監査業界、繁忙期真只中、みなさん、お疲れ様である。

私も期末監査は疲れる。

特に、今年の期末監査は、東芝事件の影響もあっていつも以上にクオリティに対する意識が高く、より神経を使うのでより疲れる。

ご自愛頂きたい。

 
続きを読む

note072 若手会計士と監査して思うこと

 

note072 若手会計士と監査して思うこと

ご承知の通り、なかいは某監査法人で非常勤として監査を手伝っている。

手伝っている監査法人では、年配の先生から若手まで年齢層は幅広いが、なかいが主に接するのは若手会計士。

なかいもまだまだ若手だとは思うが、彼らよりは先輩でもあるし、監査法人を卒業して独立していることに興味もあるようで、時に相談されたり、愚痴られたりすることもある。

 

 
続きを読む

note062 これからの監査業界について個人的予想

note062 これからの監査業界について個人的予想

まず、新日本の処分に関して、正直、業界人としては、少し厳しすぎる気がするのは気のせいだろうか。

もちろん、みすずの業務停止に比べると、随分、軽い処分だったけれど、それでも重すぎる。

ただ、20億円とはいえ、処分は、お金で解決できるという意味では大きな問題ではないと思う。
続きを読む

【127】中小監査法人での昇格について

読者の中には、現在大手監査法人在籍中、という方も少なくないのではないだろうか。

ただ、大手在籍者の話によると、なかなか、今も、昇格は厳しいみたいですね。

つまり、今後も、パートナーさんたちが、大量に辞めてもらわない限り、生涯、シニアステイ、マネージャーステイ、シニマネステイ、という方が大量発生するのだろう。

そんな中、大手にいたってパートナーになれないなら、中小はどうか、と考えている人もいるだろう。

そこで、中小監査法人の昇格について、なかいの知るところを書きたい。

こうだ。
続きを読む

【126】監査法人の辞め方

監査法人にこれから入ろうと思う人もいれば、これから、監査法人を去ろうと考えている人も、読者にはいるだろう。

そこで、これから監査法人を去ろうと考えている人に、先輩面してなかいからアドバイスを送りたい。

これから監査法人に入る合格者の皆さんも、必ず、辞めるかどうか迷う時期がくると思うから、監査法人時代の振る舞いにおいて、参考にしていただければと思う。

こうだ。
続きを読む